<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桃の季節
 
スーパーに行ったら果物のところに桃がたくさん並べてあって、夏になったのだなあと思う。
桃は果物の中で一番好きだ。買って帰ろうかと思ったけど、一人で食べるのもなんなので、誰かといるときに買ってみようと思う。

明日は授業がないすなわちテスト勉強に追われることもない今夜は、気分転換にカレーを作って食べました。
夏らしく茄子とトマトのカレー。玄米で食べたらとてもおいしい。

最近、料理をしていると気分が落ち着いていることに気付いた。
大切なことには時間をかけたい。
落ち着かないとき、悲しいとき、食べ過ぎてしまいそうなときに自分で料理するのはいいかもしれないな。

ひとつひとつ確実にやっていくことが、今の私には必要だ


桃と聞いていつも思い浮かべる曲。イントロからもうみずみずしい


そしてマサムネの声の甘酸っぱさ。
夏なんです

久しぶりの更新。
だいたい忘れてたけど、でも本当は覚えてるし、ときどきちゃんと思い出してますよ。

もうすっかり夏ですね。
いまはテスト期間真っ盛りだけど、それが終わったらたくさん夏らしいことをしたい。

夏の蜃気楼が目に浮かぶようです


心変わりの相手は僕に決めなよ
ブログのタイトルを昔のに戻しましたよー。
いつからこのタイトル使ってたんだろ。高校生のときだとは思うけど。

2010年も終わりですね。
80年代、90年代ときて今年は「ゼロ年代」が語られるようになったなあと。
「ゼロ年代カルチャー」というような言葉を耳にしたり、関連の本を沢山見かけたりします。
この一年、ただ実感として「ひとつの区切りが来たんだな」となんとなく感じていただけだったけど、果たしてゼロ年代とは何だったのかと考えてみるのも面白いかも。

個人的には、自分がやりたいことがはっきり見えてきた一年でした。
それとどんな風に付き合っていくか、ということをまだまだ考えなければいけないけれど、足元はもうちょっとやそっとでは揺るがない自信がある。
何があっても信じていられるものがあるっていうのは、すごく心強い。
いつかやりたい古本街散歩
最近の気分転換は本を買いに行くこと!
そして買い溜めた本をのんびり読んで過ごしている年末です。
ときどき映画、散歩、コーヒー。

そんなわたしはいま、『森崎書店の日々』という映画が気になってます。



舞台は古書店。そして撮影の大半が神保町で行われたのだそう。
わたしにとって、夢に見ながらも未だ訪れたことがない、あこがれの土地のひとつである神保町。
スクリーンではどのように映るのか。楽しみです。

主演は菊池亜希子さん。
どこかで聞いたことあるなーと思ったら、『みちくさ』というとてもすてきなコラムを書いているモデルさんでした。
『みちくさ』は持ってないけど、最近出た『菊池亜希子のおしゃれのはなし。』を、いまちょうど読んでるところ。センスがいいのに、落ち着いてる感じが心地よい。


ノルウェイの森とあわせて、年末年始に見に行きたいな。



日が短いということは、わたしをひどく落ち込ませる。
わたしのすべては好奇心で動いている
と、思う。

まだ知らない土地に行ってみたい。知らないことをもっと知りたい。
まだ出会ってない人が何十億人もこの世の中にはいて、その人たちに出会える可能性は未知数で、それは人に限らずいろいろなものに対しても言える(音楽、本、その他たくさんの素敵なものたち!)
そしてどんなものにめぐり合うかは少しの運、あとは自分次第だと思ってる。
そんな風に考えたらすごくわくわくする。

好奇心が尽きないかぎり、わたしはなんとかやっていける。
まだ見ぬ土地が、人が、わたしの世界がまだまだ広がってるんだと思うとどんなことでも頑張れそうな気がしてくる。


ほんとに書きたかったことってこれだっけ?と思う。
それは文章を書いててよく思う。
そもそもわたしは何を言いたいんだ?というところに戻ってきちゃう。言いたいことは確かにあったはずだし、今も何かを伝えたいと思ってるのに、それがなんなのかさっぱりわからなくなってる。

なんだなんだ。


「わたしのすべては好奇心で動いている」

それだけ。
ノベンバー
11月って!早すぎる時間の流れに寒気がします。

それはそうと、調子よくもいっこブログもどき始めました。
http://yoccophoto.jugem.jp/
写真のup専用にしようと思ってます。
ツイッターやら何やら、やりすぎてわけわからん。まあ、全部自分から始めたことなのでそれぞれ上手く使い分けたいところです。

今月やること
・写真の整理
・カメラ修理
・ダイエット始める
・とりあえずやってみること

zineという形で写真集作ろうと思います。じっくり作りたいから、いつまでというような期限は作らないけどしっかり準備したいですね。


こないだ、たまたま聴いたドーパンがめちゃくちゃかっこよかった…。

あめのちあめ、しばらくあめ
一気に寒くなった。
でも服は秋冬のが好きだから楽しみ!タンスをひっくり返しては、あれを着ようこれを着ようだとか今年はあれが欲しいだとか考えてる。
ちなみに今年はいくつか帽子が欲しい。ショートにしてから、帽子かぶるの好きになったなー。

楽しみだけど寒いのは本当に苦手。でも冬のすっとした空気は好き。冬の、奇跡のようにやってくるあたたかい日差しの一日が好き。こもれび。ひだまり。


昨日、写真屋さんにフィルムを現像しに行ったら
「前にブローニー沢山持ってきていただいた方ですよね?」と言われた。なんか嬉しい。

自分で現像、プリントできるようになりたいなー。
夢は自宅に暗室作ること!

今日は一日中雨のよう。家でゆっくり映画でも観ようと思っている。
ZINE PICNIC
とっても面白そうだなー、と思っていたZINE PICNICがまた開催されるようです!
http://zinepicnic.tumblr.com/

今は名古屋にいるけど、このイベントに合わせて東京遊びに行こうかなー!
さらに間に合えば、合わせて『うたたね』の2冊目作ろうかな…。
ぐちゃぐちゃ考えちゃって、行き詰っております。むずかしーな。

まあ難しく考えずに、そのときやりたいと思ったことをやればいいと思っているので、きっとなんとか上手くいくでしょう!笑


最近気になりつつあったa flood of circle。
たまたまCDショップに行ったときに新譜を視聴したら、めちゃくちゃかっこよかったので買ってしまったー。
クアトロでワンマンやるらしいのだけどどうしようかな。

秋雨前線
雨が降り続いてる。
この雨が上がれば秋になるんだろ、と思う。

秋は一瞬で終わってしまうイメージ。
夏の思い出を引きずりながら、ぎりぎりまで夏でいたいと思ってたらもう秋も半ばでそこからは転げ落ちるように冬になる。
だから、いつもちっとも秋を楽しめないまま過ごしてしまう。

だいたい秋って3段階くらいあるんじゃないのか。(まあ、どの季節もそうだろうけど)
今が9月半ばにして初秋、秋分の日くらいから本格的な秋で、11月あたまごろは晩秋、とわたしの頭の中では区切られている。
最近は猛暑だの冷夏だの、気温はあんまりあてにならなくて、空を見て季節の移り変わりを知ることが多い。


わたしのやりたいことに対して、今のわたしができるのは3分の1程度なんだろう。
人間なんてみんなそんなんだろ。みんなそのもどかしさを抱えて生きてるんだろ。
そう思ったら、その不自由ささえ愛しくなる。

自分が心の底から望んでいることは、不自由な中でもなんとか自分でやりとげるものだと思っている。
本当にやりたいなら、そのうち体から動いてくれるよ。


今年の秋は楽しめそうな予感がする。秋冬ものの服を出そう。街へ出よう。